1年ぶりとはびっくり2018/03/27

ブログから遠ざかって、最近はツイッターかインスタにアップする一方で、こちらではごぶさたしております。去年の今頃スケジュールをここにアップしてから1年更新してなかったとは自分でびっくりです。もう見てくれてる人はいないんじゃないかな。とは思いつつ、久しぶりに2017年を振り返りつつこちらに書き込みます。

時代の流れは年々早くなっているように感じ、1999年からガラス工房 Frozen Oceanを名のり活動してきましたが、活動形態は変化してきています。屋外での直販イベントと小売店への卸しから屋内での委託イベントの参加が増え、小売店への卸しは少なくなってきました。ものづくりする人が増え、お客様へ直接販売できる場所が増えた気がします。ニーズはより多様化し、その多様化にこたえるようにものづくりも細分化してきています。

そんな時代の流れを感じつつ、自分は何をつくりたいのか、何を求められているのか、どこをめざしているのか、時々俯瞰して見たり、自分の心の声に耳をすましたりしながら活動してきました。完全一人作業だから、ダメ出しもGO出しも一人のりつっこみです。

去年悩んだことは「ものをつくるとはなんぞや」という事です。私は自分の体験と目で見てきたもの、感じたものを頭と手先でコネコネして出てきたものがオリジナルだと思っていました。でもそうでない人が世の中にいる事を知りました。すでにあるもの、誰かがつくりだしたものを土台として、それを変えて似たようなものをつくりそれをオリジナルとする人がいるという事です。最初は理解できず悩み苦しみましたが、人に相談し、客観的な意見を頂き、自分なりの答えを出し、悩むのはやめました。

2018年は余計な事は考えず、定番も新作もしっかりとつくっていきます。仕事は楽しみも苦しみも悩みももたらしてくれますねー。AIが玉づくりできるようになっても、玉づくり続けるだろうな。

最新記事はツイッターをご覧下さい→https://twitter.com/glass_fro_ocean

野生の王国2016/03/22

 自然が周りに多いというポイントで家を建てる場所を選びました。家の前は多摩湖で、湖畔の木々が茂っています。ある晩ガサゴソという音がするので、見てみるとひょっこり、タヌキが現れました。

ご近所さん

 人を見ても金網があるから大丈夫と思うのか、逃げる気配なし。猫が通ると近づいて行き威嚇してました。すぐ目の前を人が通っても茂みに入ることがなかったです。人馴れしてると思われます。庭に農作物つくろうと思ってるけど、荒らされそうだな。

 鳥も種類豊富で、土を耕していると虫を狙ってモズがやってきました。

モズずーっと居た

 私が大好きなエナガもやって来るし、パラダイスです。

エナガのおちり

 フクロウのホーホーという声が聴こえたので「ホーホー」とごあいさつしたら無視されました😣 せっかくご近所になったのでまたあいさつしてみます。

あとちょっと2015/12/28


新工房

 年内で工事が終わる予定の新居。外から見るかんじでは終わりそうもないなー。急いでつくって雑になっても嫌なので、静かに見守ってます。

 私の作業場はこんなかんじです。換気扇はキッチン用の市販品だし、勝手口ドアだし、細長いし、キッチンみたいですね。どんなかんじに仕上がるか楽しみです♪

嬉しい贈りもの2015/08/24


カルトナージュ

 L'ami de L'ami展でお世話になった方からプレゼントを頂きました♪さわやかなブルーの箱を開けると、、、

鳥の宝石箱や~

 鳥がたくさん!カルトナージュというもので、厚紙で仕立てた箱に布や紙を貼って装飾したものをそう呼ぶそうです。L'ami de L'ami展ではワークショップをやっていました。それまでカルトナージュを知らなかった私…。wikiによると、「日本ではしばしば『布箱』と称されるとあります」だそうで。布箱はださいな。

 水色はFrozen Oceanでよく使う色だし、鳥好きの私の心をぐっとつかむ内側の柄。好みをわしずかみにされて、Nさんの観察力の高さを感じました。箱の中にはこれまたぐぐっ♡とくるお菓子が入っていました。布の角はぴっちり鋭角に出ていて、のりがはみだしたりもせず、見ていて気持ちがよくなる箱です。こういうのも人柄ってでるのですねー。何を入れるかあれやこれや考え、あちこちにちらばっている鳥グッズを入れることにしました。今まで宝箱ってなかったけど、開けてにんまりできる箱ができました。

過ぎてよかった2014/12/28


自衛隊フード

自衛隊の朝霞基地に見学に行った時に買った防災食が賞味期限が過ぎていました。ごついパッケージですね。コラムをみかえすと2011年5月のことでした。3月に東日本の震災があって備えておこうと思ったのでしょうね。一食千円近くした気がします。使うことなく賞味期限を迎えたのはよかったと思えました。

食べ物は期限が過ぎていましたが、あたためる素材はまだ大丈夫なので何かのためにとっておきます。お味はシチューも牛丼もカレーもどれもおいしかったです。でもかなりかさばるので、家族分を数日分ストックするのは厳しいかな。

あたためて食べるまでを書いている人がいるのでリンク貼ります。あったまるまで30分もかかるのね。寒い時期なら暖をとるのにも役立ちそうです。

そこへいたる道

 2007年9月より前のcolumnはこちら

 ガラス工房 Frozen OceanのHOMEへはこちら